ホビーワールド

趣味の世界を紹介するブログです。

アクセス数

MS‐05B ザクⅠ(ランバ・ラル専用機)  

MS-05B ザクⅠ 2
MS-05B ザクⅠ 3
MS-05B ザクⅠ 4
MS-05B ザクⅠ 1
MS-05B ザクⅠ(ランバ・ラル専用機)
ミノフスキ-粒子が発見されてからの戦闘の構造が一変した。
ミノフスキ-粒子散布化において、すべてのレーダー・通信機器の機能障害により、
目視を中心とした戦闘に変わっていった。
ジオン公国は、いち早く、この対応のために、MSの開発を急いだ。
このMS-05は、U.C.0074年2月に完成。『ザク』と命名された。
MS-05は、AタイプとBタイプが存在し、Aタイプは、初期先行試作機として、27機が生産された。
Bタイプは、訓練運用と実戦投入を経て、改良を加えた型で793機が生産された。
この機体は優秀であったが、運用をしていく中で様々な問題点が浮上し、
更に高性能化を図り、MS-06「ザクⅡ」に引き継がれていった。
この機体は、その中でも、連邦軍兵士に、「青い巨星」と恐れられた、
ランバ・ラル大尉の機体である。
パーソナルカラーの青を基調としている。
武装:120mmマシンガン
   280mmバズーカ
   大型ヒートホーク

次回、更新をご期待下さい!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hobby08.blog.fc2.com/tb.php/117-3cc8e9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top