ホビーワールド

趣味の世界を紹介するブログです。

アクセス数

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04/16のツイートまとめ  

nakato1978

RG ガンダムエクシアのサンプルのレビュー紹介 http://t.co/DvVskggcUg
04-16 23:10

BB戦士 フルアーマーユニコーンガンダムのサンプルのレビュー紹介 http://t.co/pXtbz2qF8c
04-16 23:08

スポンサーサイト

空技廠艦上爆撃機 「彗星」三三型  

空技廠艦上爆撃機 「彗星」三三型 3
空技廠艦上爆撃機 「彗星」三三型 2
空技廠艦上爆撃機 「彗星」三三型 1
空技廠艦上爆撃機「彗星」三三型(D4Y3)
この彗星は、九九艦爆の後継機として開発がスタートした。
当処は、アツタ製液冷エンジンを搭載した一一型が量産化したが、
液冷エンジンの不調から、空冷エンジンに乗せ換えた、
この三三型の生産が始まった。
スペック(D4Y3):
全幅:11.5m 全長:10.2m 全高:3.7m
エンジン:金星62型 1560hp×1
最大速度:574km/h
航続距離:1,520km
武装:7.7mm×3(固定×2 旋回×1)
   500㎏爆弾×1 または250㎏爆弾×3
乗員:2名

三三型は536機の生産された。
しかし、搭載できる空母の激減の為、もっぱら陸爆として運用された。
大戦末期には特攻機としても使用された。

ゼロ戦二二型  

ゼロ戦二二型2
ゼロ戦二二型3
ゼロ戦二二型1
ゼロ戦二二型4
ゼロ戦二二型(A6M3)
一旦は、三二型で翼端を短くした、高速性能は向上したが、航続力の低下してしまい、
ラバウルからの長距離攻撃では過酷を極めたことから、翼端を戻してこの二二型が生まれた。
航続距離は回復したが、中盤以降連合軍の反攻の前から、ゼロ戦の活躍も苦戦を強いられた。
この二二型には、武装を強化した二二型甲も生産された。生産機数は560機となっている。
1943年8月頃からは、後継の五二型の生産が始まり、その後、五二型が主力となった。

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。