ホビーワールド

趣味の世界を紹介するブログです。

アクセス数

トミカリミテッドシリーズ 45  

ムルシエラゴ(ホワイト)2
ムルシエラゴ(ホワイト)3
ムルシエラゴ(ホワイト)1
ランボルギーニ ムルシエラゴ(ホワイト)
ムルシエラゴは、ランボルギーニがアウディ傘下に入っての最初の車種である。
車名の由来は、ランボルギーニ車の伝統で実在の闘牛の名前から取られている。
駆動方式は、MRかと思いきや、4WDである。
ホワイトもカッコいいね(^^)
空力も徹底的に考慮されていて、風を切って走るようである。

明日も乞うご期待!!
スポンサーサイト

11/29のツイートまとめ  

nakato1978

トミカリミテッドシリーズ 44 http://t.co/UpCig0L11h
11-29 22:42

11/29のツイートまとめ  

nakato1978

トミカリミテッドシリーズ 44 http://t.co/UpCig0L11h
11-29 22:42

トミカリミテッドシリーズ 44  

ムルシエラゴ 2
ムルシエラゴ 1
ムルシエラゴ 3
ランボルギーニ ムルシエラゴ(イエロー)
イタリアを代表する、スーパーカーメーカー。
ムルシエラゴとは、スペイン語で『コウモリ』の意味。
車高も低く、かっこいいとしか言いようのない車。
しかし、6.2ℓと6.5ℓという排気量に、580と640psの出力は、モンスターマシーンである。
スーパーGTにも参戦し、輝かしい成績を残している。

明日も乞うご期待(^^)/

トミカリミテッドシリーズ 43  

童夢ー零 2
童夢ー零 1
童夢ー零 3
童夢ー零
Car magazineとのコラボレーション企画のトミカ。
童夢ー零は、自動車会社童夢が試作した試作のミッドシップスポーツカーである。
独特なスタイルの車であるが、当時としては、近未来的な車であった。
現在でもこのスタイルの車はあまりみかけないが、時代を先取りしたかのような
斬新なデザインの車で、そのデザインに心が惹かれる(^^)

明日も乞うご期待!!

トミカリミテッドシリーズ 42  

360 9 2
360 9 1
360 9 3
スバル360(日本GP仕様)
ゼッケンナンバー ⑨
360は何時見ても、小さくて可愛らしい形してるよね。
この独特な形が、愛好家の間では、たまらないのかな(^^)

明日も乞うご期待!!

トミカリミテッドシリーズ 41  

スバル360日本GP 2
スバル360日本GP 1
スバル360日本GP 3
スバル360(日本GP仕様)
この車は、J′s tipoというカーマガジンとのコラボレーションのミニカー。
1960~1963年に『スバル360』の成功に刺激され、各社が次々と軽自動車を発売し、
軽自動車のブームが到来。
この車は、第二回日本GPに参戦した時のモデル。

明日も乞うご期待!!

11/25のツイートまとめ  

nakato1978

トミカリミテッドシリーズ 40 http://t.co/jlhiN313Im
11-25 23:18

11/25のツイートまとめ  

nakato1978

トミカリミテッドシリーズ 40 http://t.co/jlhiN313Im
11-25 23:18

トミカリミテッドシリーズ 40  

2000GT1
2000GT 2
2000GT 3
2000GT 4
トヨタ 2000GT(SCCA仕様)
このモデルは、雑誌のカーマガジンとコラボレーションしたミニカーで
アメリカのレースのSCCAに参加した時のカラーで、ゼッケンナンバー33番、
スクーター・パトリック選手がドライビングしていた。
何時見ても、2000GTは美しい(^^)

明日も乞うご期待!!

▲Page top